Touch On Time

Touch On Time(タッチオンタイム)は、勤怠管理に特化したクラウドシステムです。多種多様な就業ルールに対応可能な機能を有し、継続率は99.7%を誇っています。

今回はTouch On Timeの悪い口コミや良い口コミ、料金プランや類似サービスなどを紹介します。Touch On Timeは、職種や業種、地域や規模などを選ばずに使えるサービスですので、勤怠管理システムを導入する折にはぜひ参考にしてみてください。

Touch On Timeの特徴

Touch On Time

Touch On Time(タッチオンタイム)は、勤務状況を迅速に把握できる機能や、独自開発のシステムを活用した打刻方法の豊富さが特徴的な勤怠管理システムです。

オプションを追加せずにさまざまな機能を利用できる点も、勤怠管理担当者にとっては大きな魅力でしょう。

1. 勤務状況をリアルタイムで自動集計できる

Touch On Time特徴

Touch On Timeでは、勤務状況がリアルタイムで自動集計されています。給与計算ソフトとの連携も簡単に行えるので、勤怠管理の効率化が実現可能です。

また各拠点の就業ルールに合わせた設定ができる点も、Touch On Timeの特徴と言えます。リアルタイムで勤務集計ができるため、勤怠状況に応じた人員コントロールが可能です。

2. 独自開発のシステムで豊富な打刻方法を提供

Touch On Time特徴

Touch On Timeが独自開発した「タッチオンタイムレコーダー」は、指紋認証、ICカード、ID+パスワードの3種類の打刻方法に対応しています。パソコンにつなげる必要がなく単体で設置できることに加えて、誰でも簡単に利用できる点が「タッチオンタイムレコーダー」の魅力です。

また、打刻した情報はインターネット経由で自動的にシステムに反映されるので、リアルタイムで勤怠管理ができます。

3. オプションなしですべての機能を利用可能

Touch On Time特徴

Touch On Timeでは、打刻や勤怠集計をはじめとするさまざまな機能をオプションなしで利用可能。スケジュールやシフトの管理のほか、テレワークにも対応した機能が用意されているので、働き方を問わず活用できるでしょう。

さらにTouch On Timeでは、現状の勤怠管理方法に適した運用方法のアドバイスも行われています。どの機能を使えばよいか決めかねている場合は、参考にしてみるとよいでしょう。

Touch On Timeの悪い口コミ・評判

悪い評判・口コミ

機能面や費用面など、総合的な評価は高めのTouch On Timeですが、一部機能や表示に使いづらさを感じる利用者もいるようです。

Touch On Timeの悪い口コミを紹介します。

【悪い口コミ・評判】1. 指紋認証が通らないことがある

タブレット画面に触れる

個人を認証する機能として有用な指紋認証ですが、Touch On Timeではうまく機能しない場合があるようです。

指紋認証の精度向上を期待する意見が見受けられました。

実際の悪い口コミ

冬などで指が乾燥してたりすると指紋認証が通らなくなることがある。人によっては普段からなかなか認証されないことがあること。

引用:https://it-trend.jp/attendance_management_system/2436/review/59118

利用していて困ったことは特にないが、指紋認証の精度が上がるとより良いと思った。指紋認証を導入したことがあるが、なぜかうまく承認されない人が多発し結局ICカードに戻してしまった経緯があるため。

引用:https://it-trend.jp/attendance_management_system/2436/review/59430

代わりにMoney Forward クラウド勤怠がおすすめ

Money Forward クラウド勤怠

Money Forward クラウド勤怠では、各自のパソコンからワンクリックで打刻ができる仕組みが採用されています。加えて、スマートフォン打刻にも対応可能です。

GPS機能で位置情報を取得できるため、直行直帰や出張など、外出先での打刻も行えます。手動操作による打刻であるため、指紋認証のように何らかの理由で認証されないといった不具合は少ないでしょう。

【悪い口コミ・評判】2. 表示が見づらい時がある

文字が見えづらい

Touch On Timeの利用者の声のなかには、文字の大きさや色分けなど、表示の改善を希望する意見がいくつかありました。ただし、機能面に大きな不満はないようです。

実際の悪い口コミ

機能的にはとても満足していますが、文字が小さめで人によっては画面がかなり見にくいので、改善してほしいです。

引用:https://it-trend.jp/attendance_management_system/2436/review/61149

サイトの項目が色分けされていれば、今よりももっとページが選びやすいのではないかなと思いました。ただ、今のままでも十分使いやすいです。

引用:https://it-trend.jp/attendance_management_system/2436/review/68273

代わりにAKASHIがおすすめ

AKASHI

AKASHIの特色のひとつが、見やすい管理画面です。シンプルなフォーマットを採用し、従業員、管理者の双方がストレスなく使用できるように配慮されています。

画面に表示させたい項目を自由に設定できる点も、AKASHIの特徴です。各自が使いやすいようにカスタマイズできるので、より効率的に勤怠管理を行えるでしょう。

Touch On Timeの良い口コミ・評判

良い評判・口コミ

システム初心者でも躓くことなく利用できる使い勝手の良さを、Touch On Timeの長所とする意見が複数ありました。

リアルタイムで勤怠管理ができる点も、高評価の理由のようです。

【良い口コミ・評判】1. 仕様がシンプルでシステム初心者も使いやすい

高く評価する

Touch On Timeは、初心者でも利用しやすい使い勝手の良さが評価されています。

タイムカードからシステムに打刻方法を切り替えた企業も、ほぼ躓くことなく利用できた模様です。

実際の良い口コミ

見た目や操作機能が比較的シンプルなので、システム初心者には使いやすいと思う。使用している従業員側も操作が単純でわかりやすい。他のシステムのように沢山連携機能があるわけではないので、シンプル。

引用:https://www.itreview.jp/products/touch-on-time/reviews

最初にタイムカード打刻から切り替える際のソリューションとしてはピッタリだと思います。一般の打刻対象従業員の打刻操作は非常にシンプルで、抵抗もほとんど無く導入できました。

引用:https://www.itreview.jp/products/touch-on-time/reviews

【良い口コミ・評判】2. 迅速な勤怠管理が実現

作業の質が向上

Touch On Timeの長所としては、勤怠状況の把握や人件費の確認を迅速に行える点があげられます。

従来のタイムカードでは発生してしまう時間のずれが解消される点も、利用者にとっては嬉しい特徴のようです。

実際の良い口コミ

スピーディにどんな場所でも勤務時間の管理ができて便利。またオンラインなのでタイムカードのような時間のずれも発生せず正確な時刻で出退勤が可能。間違って退勤ボタンを押してしまったりしても、製品内で関係者への修正の申し出も可能。

引用:https://it-trend.jp/attendance_management_system/2436/review/54103

リアルタイムに人件費の確認ができたり、複数拠点の管理が容易でした。バージョンアップや、法改正対応などが無償で扱いやすかったです。

引用:https://it-trend.jp/attendance_management_system/2436/review/52544

Touch On Timeの料金プラン

Touch On Time

Touch On Timeの料金プランは以下の通りです。

契約期間や使用人数の制限がなく、打刻した人数分だけ費用が発生する従量課金制となっています。

初期設定費用 0円
サポート料金 0円
月額費用 1人あたり300円

類似サービスとの比較表

Touch On Timeと類似したサービスのまとめは以下の通りです。

Touch On Time Money Forward クラウド勤怠 AKASHI
特徴 ・勤務状況をリアルタイムで自動集計

・指紋認証、ICカード、ID+パスワードの3種類の打刻方法に対応

・有給取得の期限や残業時間を管理できる

・各自のパソコンやスマートフォンから打刻可能

・管理画面が見やすい

・法改正や複雑な就業ルールに対応できる機能を搭載

料金 初期設定費用:0円

サポート料金:0円

月額費用:1人あたり300円

・月額980円~(要問い合わせ)

・1ヶ月無料トライアルあり

 

初期費用:0円

タイムレコーダープラン:1人あたり月額200円
スタンダードプラン:1人あたり月額300円
プレミアムプラン:1人あたり月額400円

 

まとめ

Touch On Timeは、タイムカードを使用せずに簡単に打刻できる勤怠管理クラウドシステムです。システム初心者でも扱いやすく、迅速に勤怠管理ができる点が大きな利点と言えます。

30日間の無料トライアルも実施されているので、勤怠管理システムの導入を考えている担当の方は、Touch On Timeを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事