勤労の獅子

勤怠管理サービスである勤労の獅子の悪い口コミ・評判、料金プランや類似サービスを紹介します。

勤怠管理以外にも様々な業務に対応してくれるため、勤労の獅子を導入すれば会社の営業利益の向上や業務効率化や業務の簡略化などが期待可能。会社の営業利益の向上や人件費削減にもつながるので、検討中の方はぜひ参考にしてください。

勤労の獅子の特徴

勤労の獅子

勤労の獅子は社員の勤怠管理や自動管理、シフト作成などを行え、業務効率化が期待できるサービス。

タイムカードなど、紙媒体による勤怠管理は給与計算時にミスが生じることがありますが、勤労の獅子を導入すればそんなミスを防ぐことも可能です。

1. CSV形式でのデータが利用できる

勤労の獅子の特徴

勤労の獅子はExcelやCSVデータに対応しており、「Generalist」などの給与ソフトウェアと連携ができ、給与計算やデータの落とし込みを簡易化。

これにより、社員の勤怠管理から給与計算まで今まで人間が行っていた単純作業を勤労の獅子で一括管理ができます。

2. 安心のサポート体制

勤労の獅子の特徴

勤労の獅子は、導入から運用、保守まで徹底的にサポートしてくれるため、IT関連の知識がない方でも導入しやすいツールです。

サポート電話つながる率98%、継続率99%の実績を誇り、経験豊富な専門コンサルタントが「要件の確認」・「設定代行」・「操作レクチャー」まで様々なサポートが充実しています。

3. テレワークやフレックスにも対応できる選べる打刻機能

勤労の獅子の特徴

 

勤労の獅子は自社の運用方法によって多様な打刻方法を選ぶことができます。

勤労の獅子では特別な機器が不要な「ブラウザ型」や「ICカード専用型」・「USB接続型」・「指静脈打刻」などがあり、テレワークやフレックス制にも対応が可能です。

勤労の獅子の悪い口コミ・評判

悲しい

勤労の獅子はサポートも充実しているため、初心者にも比較的導入しやすいサービスですが、いくつか不便な点もあるようです。

ここでは、勤労の獅子の悪い口評判を実際の利用者の口コミをもとに紹介します。

【悪い口コミ・評判】1. 手打ちで入力するとミスが発生する

悲しむ女性

勤労の獅子は手打ちで入力する部分があり、そこでのミスが発生するという声が目につきました。

実際の悪い口コミ

初期メニューに2行出てくるのですが(名前を忘れました)、どの行のタイトルにも勤怠入力の文字がないため、どちらで入力できるのかわかりにくいです。

出社と退社時間がわかったら、労働時間・休憩時間・残業時間を自動的に算出してほしいです。勤労の獅子以前のツールでは自動計算にしていました。

配属先で入力していたものと同じものを入力する際に、間違えて入力して総務に迷惑をかけていたため、CSVからの読み取りや自動入力ができたら良いと思います。

タブレットで入力したとき、数字領域が日本語入力になっているのに気付かず入力すると、BSキーもDELキーも入力が効かないため修正が面倒でした。数字領域には日本語入力ができないようにしてほしいです。
引用:https://kigyolog.com/tool.php?id=561#Kuchikomi

基本的に月を跨ぐコピペ入力はできないので、月初めに各自が、その月の出勤予定を全ての日について手打ちで打たなければならず、負担がかかります。また原因は不明ですが、出勤・退勤予定時刻を入力する際数字が上手く反映されず、一度サイトを閉じて再度開かないと表示されないことが時折あり不便と感じます。また申請項目にエラー表示があってもそのまま申請できるようになっているので、その際は管理者が差し戻す手間が発生し、エラーとなる申請そのものを撲滅できないことは不便です。
引用:https://kigyolog.com/tool.php?id=561#Kuchikomi

代わりにバイバイタイムカードがおすすめ

バイバイタイムカード

バイバイタイムカードは基本的に手入力する必要がなく、ミスが起きないために確認作業がそこまで必要なく、時間を有効活用することで業務効率化が図れます。

また、柔軟なカスタマイズも可能で、自社に合った最適なシステムにカスタマイズが可能です。

【悪い口コミ・評判】2. エラーが多い

UIが使いづらい

続いて、エラーが多いという口コミが目につきました。

実際の悪い口コミ

入力した値が反映されなかったり、消滅してしまうことがある。また、入力値確定後に申請ボタンを押すとセッションエラーになることが多くある。
引用:https://saas.imitsu.jp/rv-1451

申請取り消し後に、データが消えてしまうため一般ユーザーで内容を再修正できると、再入力にかかる時間の短縮になる。
引用:https://saas.imitsu.jp/rv-1426

代わりにタブレット タイムレコーダーがおすすめ

タブレット タイムレコーダー

「タブレット タイムレコーダー」はiPadをタイムレコーダーにするアプリであり、打刻・自動集計・自動バックアップなどに対応。勤怠管理システムにおいて高い性能を持っているサービスです。

導入コストも他の勤怠管理システムよりも安価で、非常に使い勝手の良いツールとしての口コミも多くあります。

勤労の獅子の良い口コミ・評判

手を合わせる人

勤労の獅子は様々な機能が充実している点が最大の特徴とも言えるでしょう。様々な機能の充実で作業効率アップの期待ができます。

ここでは、勤労の獅子の良い口コミ・評判を紹介します。

【良い口コミ・評判】1. ペーパーレス化が実現できた

パソコンを使う女性

勤労の獅子を導入後、ペーパーレス化できたという口コミが多くみられました。

実際の良い口コミ

導入前は、リスト化されてプリントされた一覧表の自分の名前のところに手書きで記入する、という管理方法でした。

管理者側からしたら「従業員の有給休暇があと何日残っているか」を一目で確認できるところや「一人一人別ページに飛ぶ必要がなく、一覧で勤務状況をすぐに確認することができる」ということで、無駄な作業や手間が一気に省けました。

それまでのアナログ管理だと各課から「紙」で出勤簿が回ってくるため、入力がかなり面倒で、社員数が多いが故に管理ミスが起こったりもしていましたが、それが全くなくなったので良かったです。
引用:https://kigyolog.com/tool.php?id=561#Kuchikomi

今まではICカードにて打刻していましたが、コロナにより急遽WEB打刻に切り替えましたが、スムーズに切り替えが可能でした。従業員による申請なども概ね使いやすいと言えます。ただ、改善してほしい点がいくつかあるため、4点とさせていただきました。
引用:https://boxil.jp/service/2883/reviews/9599/

【良い口コミ・評判】2. 費用が安い

良い点

勤労の獅子は導入コストが安くて導入しやすいという口コミが多くみられました。

実際の良い口コミ

まず、低コストで行えるので継続しやすく、コロナ渦の状況下であっても自宅で簡単に必要な情報を打つことができるので、在宅ワークであっても事務仕事を行うことができるのでとても助かります。また、解らない点はすぐにサポート電話をかければアドバイスをくれるので一人で書類を作成していた時よりも気持ちが軽くなります。勤務体制が良く変化してアナログでしてたときよりも記入漏れがあればシステムがすぐに見つけてくれるのでチェックしやすくなりました。
引用:https://kigyolog.com/tool.php?id=561#Kuchikomi

費用に関しては総務や経理ではなかったので、詳しくはわかりかねますが、初期費用は数十万程度だったと思います。
引用:https://kigyolog.com/tool.php?id=561#Kuchikomi

勤労の獅子の料金プラン

勤労の獅子

勤労の獅子は1人あたり月額100円(税抜き)で利用できます。初期費用の詳細などは、問い合せが必要です。

類似サービスとの比較表

勤労の獅子の類似サービスの料金や機能を比較しました。

勤労の獅子は他のサービスよりも機能が豊富で月額料金が安いなどの特徴があります。

勤労の獅子 タブレット タイムレコーダー バイバイカード
料金(1人あたりの月額費用) 110円 330円(10人単位) 要問合せ
機能 選べる打刻方法

36協定設定

年次有給管理

労働時間の適正把握

など

打刻

パーソナル ダッシュボード

勤怠データ一覧

ビデオメッセージ

LANアクセス機能

など

多種多様な打刻方法

柔軟なカスタマイズ対応

など

無料トライアル
活用例 給与計算のための勤怠管理

自己管理の促進

コミュニケーションの活性化

など

給与計算のための勤怠管理

自己管理の促進

コミュニケーションの活性化

など

ワークライフバランス

給与計算のための勤怠管理

自己管理の促進

など

まとめ

勤労の獅子は勤務管理をはじめ、一覧性の確保、拡張項目の設定、エラー視認性などの様々な機能が充実しています。

勤労の獅子が気になる方はますは初期費用の確認のためにもお問い合わせから始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事