jinjer勤怠

jinjer勤怠は、労働時間の集計や勤怠にかかわる各種申請と承認、有休や残業時間の管理までを一括管理できるクラウドサービスです。jinjerシリーズは13,000以上に導入されており、バックオフィス業務効率化クラウドサービスの中でも注目されています。

今回は、jinjer勤怠の口コミ・評判、料金プランや類似サービスを紹介します。導入を検討している方はぜひご参考ください。

jinjer勤怠の特徴

jinjer勤怠

jinjer勤怠は、クラウド型の勤怠管理システムです。人事データを一元管理することができ、多様な働き方に合わせて打刻方法を選択することもできます。また、サポートが充実しており、サポート満足度は94.1%です。

1. 人事データを一元管理できる

jinjer勤怠

jinjer勤怠を使うことで、人事データを一元管理することができます。月次での勤務状況の確認、各種申請の承認や否認、給与システムに合わせた締め処理などの人事データをまとめることで、人事処理の手間が削減も期待できます。

2. 多様な打刻方法がある

jinjer勤怠の打刻方法

jinjer勤怠は、ICカードだけではなく、PC・タブレット・スマートフォンからも打刻可能です。成りすまし防止機能や位置情報取得の機能も実装されています。

3.充実したサポート体制

jinjer勤怠のサポート

jinjer勤怠は、運用時の不安や悩みをすぐに解決するためのプランが3つ用意されています。手厚いサポート体制があるため、契約継続率は99.4%、サポート満足度は94.1%と高い数字を誇っています。

jinjer勤怠の悪い口コミ・評判

口コミ

jinjer勤怠はクラウト型のシステムのため、運用面でトラブルが生じることがあるようです。以下にjinjer勤怠の悪い口コミを紹介します。

【悪い口コミ・評判】1. 動作が不安定な時がある

jinjer勤怠はシステム障害で打刻ができないことや、月末にサービス障害が生じたりすることがあるようです。

実際の悪い口コミ

管理者が一番大変であろう月末月初に不具合が何回か起きており(サービスサイトにもわかりやすく記載なし)不便であったことがあった。

引用:https://boxil.jp/service/663/reviews/8615/

システム障害で打刻ができないことが稀にある。
また、退勤を忘れた場合、翌日出勤ボタンが打刻できないので
条件分岐などで出勤ボタンを打刻できるようにしてほしい

引用:https://www.itreview.jp/products/jinjerkintai/reviews?page=2

代わりにクロノスPerformancenがオススメ

クラウドで管理するため、どうしてもシステム障害が生じてしまうことはあります。

どうしてもシステム障害が許せない、安定した運用がしたい場合は、「クロノスPerformance」などのオンプレミス型(パッケージ型)の勤怠管理システムを導入するなどの選択肢もあります。

jinjer勤怠の良い口コミ・評判

口コミ

jinjer勤怠は、実際に打刻をする従業員側からは使いやすいと好評のようです。jinjer勤怠の良い口コミを紹介します。

【良い口コミ・評判】1. 打刻申請が簡単

jinjer勤怠の良い点は、打刻申請が簡単ということです。打刻をボタン1クリックで、特定のデバイスに縛られることなく行うことができます。また、アプリはiPhoneとAndroidともに利用可能です。

実際の良い口コミ

出退勤の報告を1ボタンクリックで済む点。スマホの位置情報で勤務場所が把握できる点。出退勤打刻の際に顔写真を撮影することで、打刻のなりすまし防止。顔写真の笑顔判定ができるという遊び心。

引用:https://www.itreview.jp/products/jinjerkintai/reviews

私の会社では普段の勤怠でこちらのJinjerを使用していますが、まず社員の出勤退勤時の打刻が非常に楽になります。ブラウザを起動して、ログインして出勤/退勤ボタンを押下するだけでその日の打刻が容易に出来ます。スマートフォンアプリもあり、帰宅時にPCからの打刻を忘れてPCをシャットダウンしてしまった場合も、スマートフォンから退勤の打刻をすることが出来ます。

引用:https://www.itreview.jp/products/jinjerkintai/reviews

【良い口コミ・評判】2. シンプルな仕様で使いやすい

jinjer勤怠は簡単な操作画面で打刻や各種申請が可能なため、使いやすいと評判です。

実際の良い口コミ

シンプルな画面で余計な表示があまりないため、ユーザ視点で使いやすいと感じる。

引用:https://www.itreview.jp/products/jinjerkintai/reviews?page=2

ユーザー側の出勤退勤打刻はシンプルなので問題なし。出勤をクリックするまで退勤が押せない仕様なども、以前利用していた勤怠システムより親切。

引用:https://www.itreview.jp/products/jinjerkintai/reviews?page=2

【良い口コミ・評判】3. アフターフォローがしっかりしている

jinjer勤怠は、他のサービスと異なりアフターフォローがしっかりしているとの口コミもあります。電話やチャットだけではなく、訪問してのサポートがあるのはありがたいですね。

クラウド商品には珍しくアフターサービスがしっかりしていて、導入までのプロセス及び導入後の運営サポートまで弊社に度々訪問をしてしっかりとマンツーマンで対応してくれる。

引用:https://www.itreview.jp/products/jinjerkintai/reviews?page=3

jinjer勤怠の料金プラン

jinjer勤怠の料金

jinjer勤怠は、利用者1人につき月額400円からの従量課金体系となっています。また、jinjerは他のプロダクト(経費精算システムや給与計算システムなど)と合わせて使うことも可能です。

jinjer勤怠の料金プラン

勤怠管理以外のプロダクトの料金は上記の画像の通りです。(※1,000名前後の大企業の場合は、別途見積もりが必要となります。)

類似サービスとの比較表

jinjer勤怠を類似サービスと比較しました。jinjer勤怠は、他の類似サービスと比較してサポートが充実していることが特徴です。

jinjer勤怠 KING OF TIME ジョブカン勤怠管理
月額料金 400円~/ユーザー 300円~/ユーザー 200円~/ユーザー

(※全ての機能を利用する場合は500円/ユーザー)

初期費用 100,000円~
無料プラン

(利用機能は一部のみ)

無料お試し
iPhoneアプリ
Androidアプリ
アフターフォロー

まとめ

jinjer勤怠は人事データを一元管理でき、操作も簡単な勤怠管理システム。導入後の訪問サポートもあるなど、アフターフォローがしっかりしていることも特徴です。

勤怠管理をデータ化したいが社内にシステムが得意な人材がいない場合には、サポート体制がしっかりしているjinjer勤怠にお問い合わせてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事