ハイ!経費

ハイ!経費は、在宅でも経費精算・申請できるクラウド型の経費精算サービスです。

この記事では、そんなハイ!経費の悪い口コミ・評判、料金プランや類似サービスについてご紹介します。

ハイ!経費の特徴

ハイ!経費

ここでは、ハイ!経費の特徴について紹介します。

1. 1アカウントから利用可能

ハイ!経費の使用

ハイ!経費は、1アカウントから利用できます。通常の経費精算サービスが中小企業や大手企業の導入を前提としていますが、ハイ!経費はSOHOの方でも導入可能です。1アカウントあたりの月額300円(税込み)なので、負担を最小限に抑えつつ、経理業務を効率化できます。

スマホ対応もしているため、個人事業主が仕事先で時間ができた時に、交通費の入力や領収書のアップロードをするという使い方も可能です。

ハイ!経費を使うことで、小規模事業者が経理にかかっている時間を削減することができます。

2. 外部連携機能などの標準機能が充実している

ハイ!経費は低コスト

ハイ!経費は、外部連携機能などの標準機能が充実していることも特徴です。

交通費計算を「駅すぱあと」から自動入力したり、Suica、PASMOなど交通ICカードの取込みしたりすることが標準機能として可能なので、経理業務上時間がかかりやすい交通費計算の時間を短縮できます。

データ取り込み時に、対象データを「業務で利用したもの」と「プライベートで使用したもの」に分けることお/も可能なので、小規模事業者の負担を軽減することができます。

3. 導入が簡単で、機能も自動更新される

ハイ!経費は簡単導入

配配メールは、パッケージ型の会計システムと異なり、インターネット上で動作する仕組みのため、WindowsやMacなどOSの種類を問わず、すぐに利用を開始できます。

機能追加時も買い替えやアップグレードが必要がないため、追加の費用が発生する心配もありません。

新しい機能も自動で追加されていくため、常に最新の経費精算サービスを利用することができることも魅力の一つです。

ハイ!経費の悪い口コミ・評判

悩む男性

ハイ!経費は、小規模事業者や個人事業主でも手軽に利用できる分、高度な機能はついていません。

ここでは、ハイ!経費の悪い評判やデメリットをご紹介します。

【悪い口コミ・評判】1. スマホアプリには対応していない

評価

はい!経費は、スマホアプリには対応していません。そのため、スマートフォンで気軽に経費計算がしたい場合にはスマホアプリが実装されているサービスを選択する必要があります。

◆代わりにマネーフォワードクラウト経理がおすすめ

マネーフォワードクラウト経理

スマホアプリに対応した経費精算サービスは、マネーフォワードクラウド経費がおすすめです。

マネーフォワードクラウド経費は、スマホアプリの操作性も分かりやすいという評判も多いため、スマホアプリで全ての業務を完結させたい場合などはマネーフォワードクラウド経費を選ぶと良いでしょう。

【悪い口コミ・評判】2. 交通系ICカードと連携操作が難しい

NGを出す男性

はい!経費は、低価格ながら交通系ICカードとの連携機能がついています。しかし、交通系ICカードとの連携作業が難しいという評判もあるようです。

◆代わりに駅すぱがおすすめ

駅すぱ

交通系ICカードとの連携など、交通関係の経費機能は駅すぱが優れています。駅すぱは交通系ICカードとの連携はもちろん、よく使う経路の登録などもできるため、交通機関を使った移動が多い場合は重宝するでしょう。

駅すぱはこちらの記事でも紹介しています

ハイ!経費の良い口コミ・評判

サムズアップ

ハイ!経費は、小規模事業者の使い勝手が良い点が特徴です。ここでは、はい!経費の良い口コミ・評判をご紹介します。

【良い口コミ・評判】1.少人数で利用開始できるので、スモールスタートが可能

スマホを操作する男性

はい!経費の良い点は、少人数で利用開始できるので、スモールスタートが可能なことです。使い勝手を確かめてから本格導入することも可能なので、導入後のミスマッチを防ぐことができます。

◆実際の良い口コミ

少人数で始めることができるので、試験的な導入をすることができる点。 また、全体的に費用が安いので、そこまで負担にならない点。

引用:https://boxil.jp/service/1062/reviews/

【良い口コミ・評判】2. 電車の経路検索との連携が可能

路線図

ハイ!経費は、電車の経路検索との連携ができるため、経路検索のために複数のウィンドウを行ったり来たりする必要がありません。

積み重なることで時間ロスになるウィンドウの往復作業を省くことで、日々の業務の効率化に繋がります。

◆実際の良い口コミ

電車の経路検索との連携ができるので、何個ものウィンドウを往復しなくていい

引用:https://boxil.jp/service/1062/reviews/

ハイ!経費の料金プラン

ハイ!経費の料金

ハイ!経費の料金プランは1つのみです。1アカウントあたり、初期費用が1,000円、月額費用が300円となっています。

また、導入後にアカウントを追加する場合も、1アカウントあたり1,000円の費用がかかります。※価格は全て税抜き

初期費用 月額費用
1アカウントあたり 1,000円 300円

類似サービスとの比較表

ハイ!経費と似たメール配信サービスと、料金や機能について比較しました。

ハイ!経費は、他のメール配信サービスに比べて費用が低く、最小アカウント数も1アカウントなので、小規模事業者にはオススメです。

ハイ!経費 マネーフォワードクラウド経費 駅すぱ
最小アカウント数 1アカウント 1アカウント 5アカウント
初期費用 1,000円 なし なし
ランニング費用 300円/月/アカウント 2,980~円/月/アカウント 2,640円/年/アカウント
お試し利用 可能 可能 可能
スマホ対応
交通系ICカード取込 

まとめ

ハイ!経費の特徴や口コミ・評判についてご紹介しました。ハイ!経費は他サービスと比較すると、月々の料金は安く、経費精算に必要最低限の機能がデフォルトで実装されているサービスです。

ハイ!経費は、ランニングコストを抑えつつ、経費精算業務を効率化したい小規模事業者や個人事業主にオススメです。

おすすめの記事