キャリアクロス

外資系、グローバル企業に特化した転職サイトとして20年以上の歴史を誇り、同分野で国内最大級の呼び名をほしいままにしているキャリアクロス(CareerCross)。

毎月2,000人以上のグローバル人材が登録しており、登録者数は約28万人。外国語を使った仕事に就きたい人がまず目を通す転職サイトだといえます。

今回はそんなキャリアクロスの良い口コミ、悪い口コミ、料金や類似サービスについて紹介していきます。外国語に精通した人材を求めている方などは、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアクロスの特徴

キャリアクロス

キャリアクロス(CareerCross)の特徴は、グローバル人材に絞った求人であれば、かなり効率的に採用活動ができる点にあります。

優秀な登録者が揃っているうえ、迅速な採用を行うための仕組み、サポートなどが万全に揃えられています。

1. 登録者の8割がビジネスレベルの英語力を保有

キャリアクロスの登録者

キャリアクロスは、登録者の81%がビジネスレベルの英語力を保有。さらに76%が3年以上の実務経験ありと、レベルの高い登録者が圧倒的に多いです。IT職などでは、優秀な外国人エンジニアを採用できるチャンスも。

利用者の目的意識も高く、通常の転職サイトでは5%程度のスカウトメールの返信率が、キャリアクロスは約20%と高水準。採用が早く決まったぶん、コストが抑えられたという意見も多いです。

短期間で即戦力のグローバル人材を見つけたいなら、うってつけの求人サイトだと言えるでしょう。

2. 何度でも広告の差し替えができる

キャリアクロスの編集画面

キャリアクロスでは、広告を差し替えるのに一切の追加料金がかかりません。掲載期間中であれば、募集する職種自体を変えてしまうこともできます。

応募の動向を見つつ、試行錯誤しながら文章を書き直すなど、より効果的な求人を目指して運用できるでしょう。

また、広告の掲載順も定期的に入れ替わる仕組みになっており、掲載中のものは毎週必ず上位表示されます。長期間掲載しても、新しい求人に埋もれる心配がないわけですね。

3. 時間がない人のためのマネージド・パッケージがある

キャリアクロスのマネージド・パッケージ

キャリアクロスのマネージド・パッケージというプランを選ぶと、以下のような採用活動を、担当者が代理で行ってくれます。

  • 求人広告のブラッシュアップやメンテナンス
  • スカウトメールの送信
  • 候補者のレジュメ取り寄せ
  • 語学力チェックを兼ねたスクリーニング

候補を見つけてくる段階をすべて代わりにやってもらい、最終的な判断だけ掲載企業側で行う対応です。

採用に割く時間を節約したい場合もそうですが、専門家に任せられるという点で、採用ノウハウに自信がない場合にも便利でしょう。

キャリアクロスの悪い口コミ・評判

口コミを確認する女性

キャリアクロスの悪い評判には、「登録者と連絡が取れなくなるリスクがある」「語学力の高い人材以外の求人に向かない」といったものがあります。

利用者の使い方次第では、デメリットが生まれたり、あまり効果的な求人ができなかったり、といったことがあるようです。

【悪い口コミ・評判】1. 企業と登録者の直接やり取りになるため、連絡が取れなくなるリスクがある

音信不通に悩む女性

キャリアクロスは企業と登録者を仲介する転職エージェントのサービスではありません。そのため、登録者とコンタクトを取ったあとは、基本的に仲介者を通さない直接のやり取りになります。

この場合、いきなり連絡が取れなくなったときに「担当者に相談してもどうしようもない」という問題があるでしょう。

代わりにビズリーチがおすすめ

doda

ビズリーチは登録企業から会員へのヘッドハンティングに特化した転職サービスです。日本では唯一、登録する会員や企業に対して審査を行っているサービスで、登録されている時点でハイクラスな人材であることが保障されています。

ビズリーチも転職エージェントとは違いますが、審査があるぶん、急に連絡が取れない人材が出てくるようなリスクはかなり低いといえるでしょう。

【悪い口コミ・評判】2. グローバル人材以外の求人には向かない

NGを出す男性

キャリアクロスを転職活動で利用した人の声を見ていると、「ほとんどの求人でかなりの語学力が求められる…」といった意見が多く、自信がない人にとってはハードルの高い転職サイトだと捉えられているようです。

そのため、ある程度語学力をもっている人材以外を探すのには向いていません。たとえば、「そこまで堪能でなくても、少し話せる程度でOK」と考えている採用担当者もいるでしょう。こういう人材はそもそも登録者が少なく、見つかりにくいと言えます。

代わりにdoda(デューダ)がおすすめ

doda

キャリアクロスだと採用したい人材のレベル感が合わないと感じる場合には、業界最大手の転職サービスのdodaがおすすめ。

なんといっても、約629万人という膨大な会員数から人材を探せるほか、人材紹介サービスを使えば、専任担当者が会社に合う人材を選定してくれます。

転職フェアなどのイベントを利用して、幅広い層にアピールできるのも魅力のサービスです。

キャリアクロスの良い口コミ・評判

聞き耳を立てる女性

キャリアクロスは、主に人材の探しやすさ、料金制度の柔軟性に定評があるようです。

会社のスタイルに合わせて、的確にほしい人材の採用につなげられる仕組みが設けられています。

【良い口コミ・評判】1. データベース検索が使いやすい

キャリアクロスのデータベース検索

キャリアクロスでは、英語のスキル感や経歴など、細かく条件を絞って登録者を検索できます。

求めるスキルをもっている人材を探すのに、膨大な数のレジュメに目を通す必要もなく、この点を便利だと感じている人が多いようです。

【良い口コミ・評判】2. 成果報酬型・掲載課金型を選べる

キャリアクロスの料金プラン

キャリアクロスでは、成果報酬型・掲載課金型の料金形態のいずれかを選択できます。成果報酬型では初期費用がかからず、採用が決まった際に利用料が発生。月額料金を気にせず、長い目で採用活動を行えます。

一方、掲載課金型は一定の月額料金がかかるものの、何人採用しようと追加料金がかかりません。複数人数の採用を考えている場合や、短期間での求人を考えている人におすすめの料金制度です。

自社のスタイルに合わせて、どちらの方がコストを抑えられるのか考えて選べるのは魅力的でしょう。

キャリアクロスの料金プラン

キャリアクロス

キャリアクロスの料金プランには、自分で採用活動を行う「スタンダード・パッケージ」、採用活動を代行してもらえる「マネージド・パッケージ」の2種類があります。

成果報酬型の場合は、初期費用こそかかりませんが、1人当たりの詳しい値段は別途問い合わせが必要です。その他、オプション料金なども別計算になります。

スタンダード・パッケージ 430,000円/2ヶ月
マネージド・パッケージ 800,000円/2ヶ月
成果報酬型 要問い合わせ

類似サービスとの比較表

キャリアクロスと類似サービスとの比較表を作成しました。

ほかのサービスに比べ、キャリアクロスはハイクラスなグローバル人材を確保できる点と、広告掲載費が安いところがポイント。求めるターゲットさえ当てはまっていれば、かなりコストを節約できるサービスです。

キャリアクロス ビズリーチ doda
特徴 ハイクラスなグローバル人材に特化 審査による登録・企業からのヘッドハンティングに特化 業界最大手・幅広い層にアプローチできる
サポート 採用活動を代行してくれるマネージド・プランあり 専任担当者がサポート 専任担当者がサポート
料金 430,000円~/2ヶ月

成果報酬型は要問合せ

850,000円~/6ヵ月

採用決定時に理論年収の15%

25~150万円/1ヶ月(広告タイプによる)

人材紹介の場合は採用決定時に理論年収の35%

まとめ

グローバル人材に特化しているがゆえ、登録者のクオリティや採用コストの面でかなりのメリットがあるキャリアクロス。マネージド・パッケージのような、担当者の手を煩わせないプランも合わせ、円滑な採用活動をサポートしてくれるでしょう。

語学に堪能な人材を求めている方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事